Ir al contenido

Colombia Guía oficial de viajes

La respuesta es Colombia
Get information
interna_colombia_historia.jpg

歴史

Parque Arqueológico de San Agustín /Fot. http://www.flickr.com/photos/mario_carvajal/2851219262/sizes/l/.

写真: mario_carvajal

考古学と歴史

コロンビアはコンキスタの時代より以前に何千年にもわたる歴史があり、未だにその先住民の過去を立証する場所が存在します。ウイラ県サンアグスティンでは、神や戦士を意味する巨大石像があります。カウカ県ティエラデントロでは、地下にある埋葬室を訪れることができます。

カリブ沿岸にあるタイロナ公園から続く道を登って行くとタイロナ族によって建設された石の町の遺跡に辿り着きます。すぐれた金細工技術をもっていたこの先住民文化は、ボゴタの黄金博物館やサンタマルタのタイロナ文化博物館で見ることができます。

コロンビアには、多くの町や村に残されている価値の大きい建築的、文化的遺産があります。

コロンブスがアメリカ大陸に到着する以前のコロンビア

コンキスタの時代以前には、コロンビアには12の文明が存在し、その発達した文化の足跡が残されています。町、石畳、石造、骨壷、金細工、陶器などは、現在、それらの文明の生活、信仰などを知る手掛かりとなっています。

ムイスカ文明は、現在のクンディナマルカ、ボヤカ地方に興り、農耕的な民族でした。大変に優れた金細工技術と陶芸技術を持ち、現在にも値段がつけられない宝を残してくれました。征服者達が考えたエル・ドラド伝説は、新しい王が就任する際の儀式が基になっており、体中を金で包みこんだ王が神官に囲まれ、グアタビータの湖の中心へいかだに乗って行く姿から生まれました。s.

キンバヤ、シヌー、タイロナ、カリマ文明も同様に金細工、陶芸技術に優れていました。それらの芸術品は、黄金博物館、サン・ホルヘ侯爵屋敷考古学博物館、ボゴタの国立博物館、アルメニアのキンバヤ文化博物館、サンタマルタのタイロナ文化博物館、カルタヘナのシヌー文化博物館で見ることができます。専門店では、先住民達が使った同じ技術で作られたレプリカを購入することができます。

Barrio La Candelaria, Bogotá /Fot. http://www.flickr.com/photos/trevino/3317622327/sizes/l/.

ボゴタ、カンデラリア地区/ 写真: trevino

コロニアルなコロンビア

16世紀後半に、町がつくられ始めました。土地は、征服者達の間で分配され、塩、金、エメラルドの鉱山が発掘され、キリスト教が布教されました。スペイン人達と奴隷としてつれてこられたアフリカ人達の到着から民族融合が始まりました。

カルタヘナから数時間の場所にモンポスがあります。マグダレナ川沿いの港町で、商業で大きく栄えました。サンタ・バルバラ教会やピニージョ学校など特徴ある建築群があります。

スペイン政府の中枢だった副王領の首都はボゴタに定められていました。カンデラリア地区とその周辺には、その時代の宝である屋敷や教会が残されています。それらの多くが、先人達が残した芸術や文化に触れることができる博物館になっています。

ポパヤンとトゥンハにも、魅力にあふれたコロニアル地区が残されています。教会には金箔で覆われたバロック様式の祭壇画が残され、狭い通り、静かな広場、荘厳な屋敷からは、超越した時間を感じることができます。

コロンビア中の町や村にとても価値のある建築物が保存されています。

南米最大の奴隷市場でもあったカルタヘナ・デ・インディアスの戦略的な立場が定期的に襲ってくたイギリス海軍の征服欲をかき立てていました。要塞が建設され、アメリカで最も強固に守られた港となりました。城壁に守られた町は世界遺産として民衆の建物や宗教建築が残されています。

オンダは植民地時代から19世紀までボゴタへ向かう旅行者や貨物業者にとって、重要な中継点であり、その美しい建築物や険しい路地は未だに保存されています。

ノルテ・デ・サンタンデール県パンプローナ、サンタンデール県ヒロンやバリチャラ、ボヤカ県のビジャ・デ・レイバ、メデジン近郊のサンタフェ・デ・アンティオキアなど、コロンビアの至る所に植民地時代の記憶と計り知れない建築遺産が残されています。スペインとの戦いの舞台となった場所には、独立戦争の記念碑がたてられています。

民族の融合は、音楽、陶芸、詩、文学などの分野で国内だけでなく世界的に大きな価値を生み出しました。博物館、画廊、図書館、など国内の公共の場所でみることができるように、それを作家や芸術家達が証明してくれています。

';}?>
.
後援:

Ministry of Commerce, Industry and Tourism Fondo de Promoción Turistica PROCOLOMBIA