慣習と伝統

コロンビアの魅力を共有し、楽しみなさい

コロンビアの習慣や伝統

様々な気候及び地形により、コロンビアは文化的多様性に富んでいます。民族、踊り、言語、人々に深く根付いたイベント等が、コロンビアのアイデンティティを表現します。農場、公園、植民地時代の家を訪ねる等、博物館やコミュニティを巡る旅も可能です。自然な雰囲気を多くの場所で感じる事ができます。

多様性の魅力

コロンビアは多民族かつ多様性国家です 84の固有民族と 60の現地語があり、アフリカ人の先祖を持つ人々がいます。また、コロンビアは伝統的な料理で有名です。

人類の宝

写真によって: Viceministerio de Turismo de Colombia

コロンビアには、UNESCOにより宣言された16の世界遺産が存在します。8つは土地に関係し、他の8つは無形文化遺産です。

コロンビア人の心情
写真によって: ProColombia

写真によって: ProColombia

村の広場で座りながらコーヒーを飲んだり、遊歩道を散策したり、公園の像を観賞する事で、コロンビア人の持つ特徴のエッセンスを体験する事ができます 人生に対するコロンビア人の態度を、地元の音楽、祭りと宗教的伝統についての博物館、手工芸品展、民族文化ツーリズムや歴史的街区の観光等を通じて感じる事ができます。  

アクティビティと経験

何をお探しですか?

サン ノゼ要塞

技師Juan de Herrera y Sotomayorにより18世紀の初期にティエラボンバとバル島の間に建設されたサン ノゼ要塞は、ボカチカ海峡へのアクセスを支配していました。この要塞は、監獄として使用されていたサン...
ボリバル広場

写真によって: Viceministerio de Turismo de Colombia

ボリバル広場

熱さを緩和する木と噴水のおかげで、ボリバル広場には涼しい空気が広がります。壁に囲まれた街のオアシスには、Simon Bolivarの馬上像と一緒に、審問の宮殿、黄金博物館、Banco de la Repúblicaの共和主義ビル、...

ペガサスの記念碑

コンベンション センターの隣にある波止場を歩いていると、旅行者は2つの彫像に引きつけられます。これはペガサスの記念碑で、ギリシャ神話の羽を持つ馬を表現しています。特に街の明かりが輝き始める夕方、この場所は散策をするのに素晴らしい場所です。

サンタンデル公園

レティシアの中心にあるサンタンデル公園では、眠りにつくための木々の枝を探して飛ぶ数多のオウムの群れが出す騒音により、毎晩、耳をつんざくような不協和音が鳴り響きます。公園内には、噴水やテニスコート、バスケットボールコート、...

サン バシリオ デ パレンケ 

カルタヘナから55キロ、メイン ハイウェイからシンセレホと国へ続く支線を5キロ下ったところにあるサン バシリオ デ パレンケは、南アメリカ大陸におけるアフリカ文化の影響を観賞するのに適した場所です。パレンケは、その名の通り、...
知事の宮殿

写真によって: Viceministerio de Turismo de Colombia

知事の宮殿

知事の宮殿とも呼ばれるラ カサ デル カビルドは、州政府の本部であり、その建築様式は、スペインのオールド カスティーリャ宮殿の模倣です。この建物が行政のために使用されるのは昔からであり、町議会がここで開かれた1767年以来です。
エレディア劇場 - カリブ海の美術の場所

 

写真によって: ProColombia

エレディア劇場

18世紀と19世紀のヨーロッパ風オペラハウスのデザインであるエレディア劇場は馬の蹄の形をしており、ヒマラヤスギのレースのような格子で区切られたボックスとバルコニーを持ちます。旧マーセド教会の土地に建てられ、1911年にフローラル...
マケドニアのコミュニティ

写真によって: Óscar Botero / Viceministerio de Turismo de Colombia

マケドニアのコミュニティ

アマカヤク国立公園の近く、レティシアからボートで上流へ向かって1時間の距離にあるマケドニアのコミュニティでは、手工芸品の作成においてティクナ族のインディアンが培ってきた技術を知る事ができます。特に、ブラッドウッドやレディッシュ...

アマゾン民族誌学ミュージアム

レティシアの中央銀行図書館内に存在するアマゾン民族誌学ミュージアムは、ジャングルの住人の文化を学ぶのに良い場所です。ティクナ族、ヒュイトット族、ヤクナ族といった地域固有の集団を代表する 多くの収集物が展示されています。展示物:...

Rafael Nuñezの家

1950年に国家史跡として宣言されたこの家には、コロンビアの大統領に4度就任し国家の作者でもあったRafael Núñezが亡くなるまで住んでいました。1886年に、ここでコロンビア憲法が署名されました。家には、19世紀製の、...
Monumento a la india Catalina, Cartagena de Indias

写真によって: Ministerio de Comercio, Industria y Turismo de Colombia.

India Catalinaモニュメント

彫刻家Eladio Gil作のIndia Catalina モニュメントにおいて、アメリカの祖先に対する尊敬を見る事ができます。伝説によれば、Catalinaはガレラザンバ(Galerazamba)の近くに生まれた戦士で、...

お菓子祭り

イースターの時期にカルタヘナでは、民族の伝統を街に残すための方法として、お菓子祭りが開催されます。この行事は、自家製のお菓子を称えるもので、公共広場、通り、ショッピング センターで行われます。常にお菓子職人の特別な参加があり、...

シヌ―黄金博物館

経済、自然資源、物々交換に基づく農業。それは、シヌ―の人々の基礎であり、彼らの遺産を、1982年に共和国銀行がオープンしたシヌ―黄金博物館で見る事ができます。コルドバ県、スクレ県、ボリバル県、...

レティシアの観光歩道

レティシアの観光歩道は静かな場所であり、アマゾン川からのそよ風と、燃えるような夕焼けを楽しむ事ができます。バナナやキャッサバを積んだカヌー、旅行者を運ぶボート、川の移動手段である舟が、ここに停泊します。歩道に沿っていくと、旅行者は、...

ボカグランデ近隣

上空から見ると、ボカグランデは、海軍基地から始まり、San Martin大通りに沿ってエル ラギートへと戻るカリービ ホテルまで、逆L字のように見えます。Lの長い先端は、カスティリョグランデ (Castillogrande)区域であり、...

Bartolomé Calvo図書館

大統領Bartolomé Calvo Díazに敬意を表して名づけられたBartolomé Calvoカルタヘナ図書館は、壁に囲まれた街の中心にあります。国で最も大きい図書館の1つであり、本の貸し出しに加えて、セミナー、ワークショップ、...

Marquis de Valdehoyosの家

特権階級の男性であり奴隷や小麦粉を輸入していたMarquis of Valdehoyosの植民地時代の家は、魅力的なファサード、彫刻された木製のかんぬきを持つ窓、メイン バルコニーを持ちます。床と天井は木製です。展示会、レセプション、...

サン セバスティアン デ パステリジョ要塞

サン セバスティアン デ パステリジョ要塞は、街に建設された最初の要塞、ボケロンを取り換える形で建設されました。釣りクラブの本部であり、カルタヘナの娯楽用ボートのメイン ドックです。この要塞は、UNESCOにより人類の歴史的、...
Arsenal通りを散策する - 生き生きとした夜がここに

写真によって: ProColombia

Arsenal通りを散策する

Arsenal通りは、カルタヘナで最も美しい場所の1つであり、カフェ、テラス、レストラン、バー、ナイトクラブ、ブティックがあります。それぞれに個性があり、観光客は夜明けまで楽しむ事ができます。通りは、コンベンション...

防波堤

防波堤は、海賊がスペインの財宝を略奪しようとしていた時に、プンタ イアカコスとティエラボンバの間にあるボカグランデを通過する船を保護するため、ボカグランデに建設されました。この防波堤は、UNESCOにより、...

御者の広場で

何世紀か前には奴隷がオークションにかけられていた御者の広場は、クロック アンド タワー ゲートを通る観光客が最初に目にする場所です。その正門が、新聞、お菓子、その他の食べ物が売られている歩行者区域を覆っています。パネリタ(panelita...