慣習と伝統

コロンビアの魅力を共有し、楽しみなさい

コロンビアの習慣や伝統

様々な気候及び地形により、コロンビアは文化的多様性に富んでいます。民族、踊り、言語、人々に深く根付いたイベント等が、コロンビアのアイデンティティを表現します。農場、公園、植民地時代の家を訪ねる等、博物館やコミュニティを巡る旅も可能です。自然な雰囲気を多くの場所で感じる事ができます。

多様性の魅力

コロンビアは多民族かつ多様性国家です 84の固有民族と 60の現地語があり、アフリカ人の先祖を持つ人々がいます。また、コロンビアは伝統的な料理で有名です。

人類の宝

写真によって: Viceministerio de Turismo de Colombia

コロンビアには、UNESCOにより宣言された16の世界遺産が存在します。8つは土地に関係し、他の8つは無形文化遺産です。

コロンビア人の心情
写真によって: ProColombia

写真によって: ProColombia

村の広場で座りながらコーヒーを飲んだり、遊歩道を散策したり、公園の像を観賞する事で、コロンビア人の持つ特徴のエッセンスを体験する事ができます 人生に対するコロンビア人の態度を、地元の音楽、祭りと宗教的伝統についての博物館、手工芸品展、民族文化ツーリズムや歴史的街区の観光等を通じて感じる事ができます。  

アクティビティと経験

何をお探しですか?

アマゾン民族誌学ミュージアム

レティシアの中央銀行図書館内に存在するアマゾン民族誌学ミュージアムは、ジャングルの住人の文化を学ぶのに良い場所です。ティクナ族、ヒュイトット族、ヤクナ族といった地域固有の集団を代表する 多くの収集物が展示されています。展示物:...

税関広場

カルタヘナで最も大きい広場である税関広場は、元々は、周りに植民地時代の行政官庁が並ぶ練兵場でした。 カルタヘナの創設者であるPedro de Herediaが住んでいたマンションと、クリストファー コロンブスに敬意を示す像も、...
マケドニアのコミュニティ

写真によって: Óscar Botero / Viceministerio de Turismo de Colombia

マケドニアのコミュニティ

アマカヤク国立公園の近く、レティシアからボートで上流へ向かって1時間の距離にあるマケドニアのコミュニティでは、手工芸品の作成においてティクナ族のインディアンが培ってきた技術を知る事ができます。特に、ブラッドウッドやレディッシュ...

Bartolomé Calvo図書館

大統領Bartolomé Calvo Díazに敬意を表して名づけられたBartolomé Calvoカルタヘナ図書館は、壁に囲まれた街の中心にあります。国で最も大きい図書館の1つであり、本の貸し出しに加えて、セミナー、ワークショップ、...

審問の宮殿を訪ねる

バロック式の玄関と木製のバルコニーを持つ審問の宮殿は、重要な植民地時代の建築学上の傑作です。この建物は、1610年より宗教裁判所の判決所を持ち、信仰に対する犯罪を裁いていました。宗教裁判官は1811年に免職されましたが、1815年に、...

ペガサスの記念碑

コンベンション センターの隣にある波止場を歩いていると、旅行者は2つの彫像に引きつけられます。これはペガサスの記念碑で、ギリシャ神話の羽を持つ馬を表現しています。特に街の明かりが輝き始める夕方、この場所は散策をするのに素晴らしい場所です。

レティシアの観光歩道

レティシアの観光歩道は静かな場所であり、アマゾン川からのそよ風と、燃えるような夕焼けを楽しむ事ができます。バナナやキャッサバを積んだカヌー、旅行者を運ぶボート、川の移動手段である舟が、ここに停泊します。歩道に沿っていくと、旅行者は、...

サンタ テレサ広場

壁に囲まれた街の南西になる、サンタ テレサ広場の名前は、反対側にたつ修道院からきています。こちら側では、馬車と徒歩で小さな橋を渡る事ができ、海、San Pedro教会、海事博物館、海中公園を観賞する事ができます。

防波堤

防波堤は、海賊がスペインの財宝を略奪しようとしていた時に、プンタ イアカコスとティエラボンバの間にあるボカグランデを通過する船を保護するため、ボカグランデに建設されました。この防波堤は、UNESCOにより、...

サン バシリオ デ パレンケ 

カルタヘナから55キロ、メイン ハイウェイからシンセレホと国へ続く支線を5キロ下ったところにあるサン バシリオ デ パレンケは、南アメリカ大陸におけるアフリカ文化の影響を観賞するのに適した場所です。パレンケは、その名の通り、...

ラ ポパの丘

カルタヘナの最高の眺めは、形がボートの後ろ姿に似ている事からその名がつけられたラ ポパの丘の頂上にあるラ キャンデラリア修道院から楽しむ事ができます。Augustinian Recollectの神父により1606年に建てられた修道院には、...
カルタヘナの守り

写真によって: ProColombia

カルタヘナの守り

サン フェリペ デ バラハス城のトンネルを散策する事で、「カルタヘナの守護神」の内装を見学する事ができます。当時のスペイン人は、イギリスの攻撃を撃退するため、1657年、サン ラサロの丘の上にこの要塞を建築しました。...
アマゾンの手工芸品

写真によって: Viceministerio de Turismo de Colombia

アマゾンの手工芸品

レティシアおよび周囲の現地コミュニティにおいて、様々なアマゾンの手工芸品が売られています。それらは、現地固有種の植物の繊維を用いて、ティクナ族やヒュイトット族の人々により作られています。陶磁器のポットや、...
ボリバル広場

写真によって: Viceministerio de Turismo de Colombia

ボリバル広場

熱さを緩和する木と噴水のおかげで、ボリバル広場には涼しい空気が広がります。壁に囲まれた街のオアシスには、Simon Bolivarの馬上像と一緒に、審問の宮殿、黄金博物館、Banco de la Repúblicaの共和主義ビル、...
Monumento a la india Catalina, Cartagena de Indias

写真によって: Ministerio de Comercio, Industria y Turismo de Colombia.

India Catalinaモニュメント

彫刻家Eladio Gil作のIndia Catalina モニュメントにおいて、アメリカの祖先に対する尊敬を見る事ができます。伝説によれば、Catalinaはガレラザンバ(Galerazamba)の近くに生まれた戦士で、...
Plaza de la Proclamación, Cartagena de Indias

写真によって: Ministerio de Comercio, Industria y Turismo de Colombia.

独立宣言広場

1811年の11月11日、壁に囲まれたカルタヘナの街のこの場所で、人々が集まって独立宣言を指示しました。それ以来、この場所は独立宣言広場と呼ばれています。独立宣言広場の角とArchbishop通りに、目立つ記念碑がたっています。これは、...

ボカグランデ近隣

上空から見ると、ボカグランデは、海軍基地から始まり、San Martin大通りに沿ってエル ラギートへと戻るカリービ ホテルまで、逆L字のように見えます。Lの長い先端は、カスティリョグランデ (Castillogrande)区域であり、...
エル ラギート

写真によって: Camilo Afanador Quintero / Viceministerio de Turismo de Colombia

エル ラギート

エル ラギートは、その現代的なインフラストラクチャにより、カルタヘナにおいて人気のある観光スポットです。湖の周りには、水平線上に高層ビルが立ち並びます。多くのレストランがあると共に、壁に囲まれた街からわずか数分の場所には、ウォーター...
エレディア劇場 - カリブ海の美術の場所

 

写真によって: ProColombia

エレディア劇場

18世紀と19世紀のヨーロッパ風オペラハウスのデザインであるエレディア劇場は馬の蹄の形をしており、ヒマラヤスギのレースのような格子で区切られたボックスとバルコニーを持ちます。旧マーセド教会の土地に建てられ、1911年にフローラル...
ヤイ パタ ウイチ - 原住民のルーツ

写真によって: Óscar Botero / Viceministerio de Turismo de Colombia

ヤイ パタ ウイチ

ヤイ パタ ウイチ(Yai Pata Uinchi )民俗資料館は、プエルト ナリーノ(Puerto Nariño)のタウンホール内に存在します(ヤイ パタ ウイチ(Yai Pata Uinchi )とは「家の聖なる部分」という意味です...

シヌ―黄金博物館

経済、自然資源、物々交換に基づく農業。それは、シヌ―の人々の基礎であり、彼らの遺産を、1982年に共和国銀行がオープンしたシヌ―黄金博物館で見る事ができます。コルドバ県、スクレ県、ボリバル県、...