慣習と伝統

  • ボゴタの南西へ1時間の距離にあるチカクエ(Chicaque)公園は雲霧林の保護区であり、旅行者は、インディアンが交易に使用したのと同じ石の道路を歩きます。良く晴れた日には、雪を被ったサンタ イザベル...

  • 鉱夫のような気分を味わい、特別仕様のヘルメットのランプで照らされた暗いトンネルを探検する体験が、観光客をジパクイラ(Zipaquirá)の塩大聖堂へと呼び寄せます。...

  • ネモコン岩塩坑

    写真によって: Viceministerio de Turismo de Colombia

    ボゴタの北へ1時間の距離にあるネモコン岩塩坑は、そのユニークさで人々を引きつけます。地下80メートル、1816年から1968年にかけて約800万トンの塩が掘り出された1,...

  • ボゴタの中央にあるボテロ博物館では、芸術家Fernando Boteroの様々な作品を目にする事ができます。この場所はラ キャンデリアの植民地時代風の家に設立され、芸術家Fernando...

  • ネメシオ カマーチョ エル カピタン スタジアム - フットボールの寺院

    写真によって: JUAN GUILLERMO PEÑA

    ネメシオ カマーチョ エル カピタン スタジアムでは、Argentine Alfredo Di Stéfano、Adolfo Pederson、Julio...

  • コロン劇場は、1892年10月27日に、コロンブスのアメリカ到着からの400周年を記念して建てられました。2008年から始まった改装をへて、2014年の1月に再オープンしました。重要な修正の1つは、...

  • ボゴタの持つ良い環境保護地域の1つが、伝統的な近隣地のラ ソルダッドにある公園道です。そこで観光客は、ウルアパンの木で囲まれ花で飾られた道を散策できます。伝統あるベーカリー カフェ、バー等、...

  • コムネロスの家 - 英雄の記憶の中で

    写真によって: Carlos Lema / Instituto Distrital de Turismo

    ボゴタのボリバル広場の南西角に位置するコムネロスの家は、現在ではサンタンデル県の一部であるエル ソコロで1781年に誕生した革命の精神に敬意を表して名づけられました。1654年、この家は、「...

  • コロンビアの歴史の重要な部分がFrancisco José de Caldas博物館に保存されています。この建物は、パヤネス(payanés)の科学者であり独立の英雄に敬意を表して名づけられました。...

  • モンセラーテの丘を登ろうとする旅行者が最初に出会うのは、ケーブルカーとケーブル鉄道の駅です。駅は、1985年に改装された植民地時代の名残を残す建築様式の建物で、...

  • Silvaの詩の家は、植民地時代の1715年付近に建てられたと考えられています。1995年に国家史跡として宣言されたこの家は、そこに住みそこで死んだ詩人、Jose Asuncion...

  • 第72通りもしくは第7通りが付随するチリ大通りの交差点が、ボゴタの金融的中心の目印です。そこには、金融機関のオフィス、事業施設、コロンビア証券取引所等があります。近くにある様々なレストラン、ホテル、...

  • 世界アドベンチャー公園を訪れる家族や観光客は、家族、子供、極限を含む7つの異なる「世界」でファン ライドを楽しめます。ここにある自足農場では、一切の化学薬品を使用せず、動物、野菜、観賞植物を飼育、...

  • 地域習慣博物館 - このようにコロンビアは着飾る

    写真によって: Museo de Trajes Regionales

    地域習慣博物館には8つの常設ギャラリーと1つの一時的なギャラリーがあり、植民地時代の政治体制や民族的な混合等の事象について衣服を通して説明されるのを、観光客は観賞する事できます。ここでは、...

  • ボゴタのサバンナにある古い土地の静けさが、Mercedes Perez Sierra大規模農場のエル チコ博物館に広がります。共和国時代の雰囲気を持つ植民地時代スタイルの建物には、...

  • ボリバル広場に位置する独立博物館 - 花瓶の家では、1810年に7月20日発生しコロンビアの独立へとつながった抵抗運動の引き金となったリョレンテ花瓶事件の家を訪ねる事ができます。ここでは、...

  • 1942年に設立されたカロおよびクエルボ研究所は、コロンビアの文学、文献学、カスティーリャ語の言語学の研究において最も重要な施設の1つです。研究所の統括本部は、...

  • 南ボゴタの肺は、ケネディー地域にあるティミザ(Timiza)都市公園です。29.8ヘクタールの土地を持ち、観光客は、湖の輪郭を縁どる植物に囲まれた小道を散策できます。この公共空間には、スケートリンク...

  • ボリバル広場は、コロンビアの歴史の中心となってきました。かつては公共サーカスやブル マーケット等が開催され、現在でも、様々な文化的および社会的行事が行われています。...

  • Recorre La zona rosa, Bogotá

    写真によって: ProColombia

    カフェ、バー、クラブ等がピンク区域に存在し、高級料理レストランも集中しています。熱烈なナイトライフが楽しめる街の北部にあるこのエリアで、通行人は、点在するホテル、ショッピングモール、デザイナー...

ページ